納骨堂を利用するか検討している人への耳寄り情報を分かりやすく提供

収納法にもそれぞれ

仏壇

落ち着いて利用することができる施設です!納骨堂を探している方にはこちらがオススメですよ!

納骨堂と一口に言っても、そのタイプは様々なものがあります。どのようなタイプがあるかと言えばコインロッカーのように蓋がついたスペースが縦横に多数並んでいるようなタイプのものもあれば、それぞれの納骨堂が仏壇になっており、仏壇がたくさん並んでいるような形になっている納骨堂もあります。また、一般的なお墓と同様に、墓石を立ててその下に納骨するスペースがあるようなものもあります。墓石があるタイプは普通のお墓と変わらないように思えますが、何が違うかと言えば屋根がついているという点が異なるのです。値段はロッカー式が最も安く、次いで仏壇タイプ、そして墓石タイプと上がっていく形が一般的になっていますのでそれぞれを検討してみましょう。

これからも納骨堂の需要は高くなり、その希望者は増加していくことが予想されていますが、基本的にはお墓と同じで都市部を離れれば離れるほどに安くなっていく傾向にあります。また、地域によっては納骨堂がすべて埋まっておらず、空きスペースがあるものもあるため、そのような場所では利用を促すために割引や価格変更などがおこなわれることも予想されています。そのため、こうした場所にある納骨堂に目をつけてリーズナブルな価格を目指すというのもひとつの考え方にはなるはずです。何にこだわるかは人それぞれですが、値段にこだわりたいのであれば、いろいろな地域にある納骨堂に目を向けてみましょう。自然が豊富な場所にある納骨堂などもあるのです。

それぞれの納骨堂のホームページでは、どのタイプが採用されているかを確認することができます。
絶対にこのタイプでないといけない、という強いこだわりがある方もいると思いますが、
実際に納骨堂を見学してみると意外と良く見えて気に入ったということもあるかもしれません。
そのため少しでも気になったら問い合わせをしてみるか、実際に自分の目で確かめるのが一番だと思います。
ちなみに、東京のような都会でよく採用されているのはロッカー式のタイプです。
ロッカーと名前が付いているから、コインロッカーのような冷たいイメージを持つかもしれませんが、
実際には美しい模様が描かれていたり豪華な装飾が付けられているのでそこまで悪い印象を持つことはないでしょう。
扉を開けると遺骨が安置されていて、故人の方をすぐ近くに感じることができます。
他のタイプと比べて安価なことが多いので、最も利用しやすいタイプではないでしょうか。
最近増えてきているのは機械式と呼ばれるタイプです。
このタイプの納骨堂は、契約者に専用のカードを事前に渡しています。
この専用のカードは参拝する際に毎回使うものになっており、納骨堂のお参りができるスペースで機械の操作を行うと、
自分たちの元へと遺骨が運ばれる仕組みになっています。
納骨堂によっては、故人の写真や故人が好きだった歌を流すことができる仕組みのものもありますので、
納骨堂は寂しいというイメージを持っている方でも、見学をすることできっと納得してもらえると思いますよ。

外墓埋葬よりは費用を低く抑えられるとはいえ、それでも数十万以上はお金のかかる納骨堂利用です。
ですので少しでも家族と故人が満足できるような、良い納骨堂選びを心がけていきたいところです。
現代の納骨堂選びはまず施設ホームページのチェックをする事が基本ですので、インターネットで在住地域周辺の納骨堂情報を調べてみましょう。
最近は人気納骨堂情報をまとめたランキングサイトなどもあり、こういったまとめサイトは納骨堂初心者にとってかなり役立つ情報源ですよ。
気になる納骨堂を見つけたら利用ガイドや施設写真をチェックしてみて下さい。
大まかな雰囲気ではありますが、ホームページで公開されている施設写真はジックリ目を通しておくのをオススメしておきます。
料金や利用プランもそうですが、これから恒久的に付き合うかもしれない埋葬施設ですので、施設の雰囲気や環境面にはこだわっておくのが大切だと言えるでしょう。
候補がいくつか絞り込めたのなら、その納骨堂から資料を送ってもらってみて下さい。
納骨堂ホームページでは資料請求のメールフォームがありますから、ちょっとでも良さそうな施設はどんどん資料送付をしてもらうと良いでしょう。
もらった資料を家族全員でよく読んでみて、納得できるまで施設選びの判断材料として役立てていくのが基本なのです。
納骨堂では現地見学も随時受け入れていますので、資料を読んで気になった施設は施設見学に申し込んでみましょう。

元は重宝される保管庫

仏陀

現代の納骨堂利用はどうして増えてきているのかという背景事情をお伝えします。時代ごとに変化する状況に合わせて、生きている人間も故人もそれぞれが快適になれるよう、納骨堂は便利に対応してきました。

数の増える現代事情

数珠

今だかつて類を見ない高齢化社会を迎えている現代日本社会いは納骨堂のニーズが年々高まって来ています。納骨堂を取り巻く社会事情に関する話ほか、納骨堂を選ぶ時の注意点などをお話します。

保管期間を考慮する

寺

保管期間に関する納骨堂のお話です。短期限定で預かってくれるところなど、状況に合わせて利用者の選択肢が存在します。永代供養に関する事など、利用期間について考えましょう。

手を合わせる男女